POOSNET

2004/12/31

ナワ


ナワ

うちには犬もいます。ナワという、男か女かわからないような変な名前なのですが、れっきとした女の子です。こいつの親の尻尾が縄みたいだったのでその因果でそんなな名前になってしまいました。年齢から言うともうそろそろ9歳ですので老犬の部類に入りますので女の子、というよりオバチャンという感じなのでしょうか。

犬と言うのは律儀なもので、普段あまりかまってやれないのですが、私が帰ってくると異常なくらい喜びます。「ヒーヒー」と鼻を鳴らしながら喜びを全身で現している姿を見ると何故か泣けてしまいます。

そう言えばこのところ年末でいろいろと飲む機会が多かったのですが、数年前のことですが、飲みすぎて帰ってきてナワのところで「ゲロゲロ」とやってしまったことがありました。するとびっくり!ナワは尻尾を振りながら私の「ゲロゲロ」を全部たいらげてしまったのです。これには驚きましたが掃除をする手間が省けて良かったなどと思いながら頭を撫でてあげました。

この現象は、犬類の一度食べたものを吐き戻して子どもに与える習性からきているものではないかと思います。ナワにとっては私からの最良の愛情のこもったプレゼントだったにちがいありません。またそんな機会があればプレゼントしようと思っておりますが..

そろそろ2004年もお終いです。今年もいろいろありましたが来年もよろしくお願いいたします。



2004/12/25

メリークリスマス


メリークリスマス

クリスマスプレゼントを身につけてうっとりしている七瀬です。親が言うのも何ですが癒されますよね。

ところで「癒される」と言う言葉は、特に最近よく使われるようになったような気がします。自分としてもそれをそれほどの違和感無く受け入れています。「癒されたいなあ」などとぼんやり考えている時があったりします。いろいろと心配事が多いもので...

とにかく時代が癒しを必要としているのでしょう。



2004/12/21

ナナのケガ


ナナのケガ

自転車に乗せてもらってケガをしてしまいました。よくある巻き込みのケガです。あれってたいていの人は経験してませんかね?

たいしたことが無いと思われた怪我ですが、これが意外に治療に長引いて大変です。と言っても大変なのはおおかたうちのカミさんの方ですが。先週まで毎日病院に消毒に行ってました。今日聞いたらまだ1日おきに行かなければならないとか。

私も大変です。忘年会やらなにやら...



2004/12/21

酔っ払いの写真


酔っ払いの写真

先日、郷里の方で同窓会じみた集まりがあって行ってまいりました。1枚くらい携帯写真をブログに載せてやれ、と思っていましたが、なんと6枚ほど取って全てが手ブレで使い物になりません。左のような状態です。なぜかK君とYさんのツーショットの写真だけはきれいにとれてましたが...

しかしまあ、これだとほとんどぐらぐらしながら撮影したのでしょうかね。いやですね、酔っ払いは。



2004/12/16

家出娘


家出娘

ももです。先日、私が帰宅した時のほんの少しの間を狙ってドアの隙間から家出しました。翌朝帰って来ましたが、家の中で飼われている猫は外への渇望がすさまじいものがあります。窓からじっと外を見て時たま雀などの動きを見ているようです。自分が捕まえるところなどを想像しているのでしょう。少しかわいそうですね。



2004/12/13

万物理論


万物理論

昔からSFものが好きで電車の中で読んだりしてます。タイトルは一番最近読んだものなのですが、あまりに難解で理解できない部類のものでした。ただ、冒頭の「死後復活」というくだりはすさまじいものがありました。「死後復活」とは臨終直後の死者に短時間の生命活動を復活させて...あまり詳しく書くのはルール違反でしょうからこのあたりにしておきますが。実現しそうで怖い技術です。



2004/12/08

イカ墨系


イカ墨系

イカ墨のパスタを食べているところです。ところで誰かカシオの携帯を使っている方に教えて欲しいのですが、私の場合、A5401CAから現在使用しているA5407CAというものに機種変を行いました。

カメラの画素も100万画素から200万画素にアップグレードしたわけですがどういうわけか写真の画質はあきらかに以前のA5401の方がキレイなのです。何か設定があるのでしょうか。携帯の操作はどうも複雑でイライラします。



2004/12/06

ああ熊本


ああ熊本

仕事の関係で12月3日、4日と九州は熊本県まで行ってまいりました。写真は熊本からの帰路に撮影したものです。本当は熊本城でも撮れば良かったですよね。天気は下界は雨、雲を抜けると晴天。あたりまえなのでしょうが不思議な感じがします。

熊本1泊スケジュールはけっこうきつかったです。でもI社のSさんやMさんは日帰りで往復しているのだからたいしたものです。若さなんでしょうか。私なんぞは帰る途中からぐったりで、一晩寝ても頭が冴えていない状態でした。

いや、いつでも冴えていないかも知れませんが。



2004/11/27

ななちゃんとモモ 2


ななちゃんとモモ 2

http://poos.net/tawagoto/nana_momo_2.wax こちらをクリックしてみて下さい。ストリーミングでななとモモの闘いを見ることが出来ます。お風呂上りにアイスを食べてのんびりしているところを狙われてしまいました。初期の頃はモモの方が加減がわからず、ひっかき傷を作っていましたが、最近はほとんど傷は作られなくなりました。たぶん、遊んでいるのだと思います。



2004/11/20

国際的出会い系 スカイプ


以下は最近話題のスカイプでデンマーク在住のUzumaki San と交わしたチャットです。一応マイクはついていますが、なにしろ発音には自信が無いのでチャットにしてもらいました。年齢詐称を行っていますがそのあたりはご容赦を(^^♪

06/11/2004
(10:28:58 ) hase says:
sorry my system not microphone

(10:29:15) Uzumaki San says:
Ooh.. that is okay..

(10:29:18) Uzumaki San says:
Too bad..

(10:29:42 ) hase says:
Can you speak japanese?

(10:29:48) Uzumaki San says:
no.. only a little bit. .

(10:30:23 ) hase says:
your HN Uzumaki san?うずまきさん?

(10:30:34) Uzumaki San says:
Hai.. :)

(10:30:39) Uzumaki San says:
But Im not japanese..

(10:31:06 ) hase says:
ok my english is very poor sorry

(10:31:14) Uzumaki San says:
That is okay..

(10:31:16) Uzumaki San says:
Daijoobu.. :)

(10:31:28 ) hase says:
arigatoh

(10:31:50) Uzumaki San says:
Douitashimashite.. :)

(10:32:22 ) hase says:
what time is it now?

(10:32:35) Uzumaki San says:
Here in Denmark the time is now 02:33..

(10:33:24 ) hase says:
oh midnight?here in Japna the time 10:33 am.

(10:33:46) Uzumaki San says:
I see..

(10:33:54) Uzumaki San says:
8 hours of timedifference..

(10:33:56) Uzumaki San says:
:)

(10:34:03) Uzumaki San says:
How old are you.. ??

(10:37:15 ) hase says:
28

(10:37:27 ) hase says:
and you?

(10:37:31) Uzumaki San says:
Oh.. Im also 28...

(10:37:32) Uzumaki San says:
:)

(10:37:36) Uzumaki San says:
Same age as you..

(10:38:05 ) hase says:
odoroki!

(10:38:29) Uzumaki San says:
:)

(10:54:29) Uzumaki San says:
Im the guy with asian look..

(10:55:57 ) hase says:
Are you a half-breed?

(10:56:10) Uzumaki San says:
No... Im full korean. .

(10:56:29) Uzumaki San says:
I was born in Seoul in Korea South.. but I have lived my whole life here in Europe..

スカイプはこんな具合です。国際的出会い系なんでしょうかね。スカイプについて知りたい方はこちらへどうぞ http://web.skype.com/home.ja.html 
かなり面白いです。そう言えばJ社のIさんはスカイプ始めたかな?



2004/11/17

これが援交親父


これが援交親父

援交親父と言われるゆえんがこの写真です。

これは、私が夕食を食べているときにいつの間にかよってきて、「くれ、よこせ」とせがむので口からあげているところです。これは変でしょうか。



2004/11/14

壮大な遺伝子のたくらみ


壮大な遺伝子のたくらみ

この写真は一番下のチビが通う保育園でのひとコマです。向かって右がうちの娘なのですが、左のお友達が持っている時計が欲しくて「どこで買ったの?」と聞いている場面です。左のお友達も優越感で満面の笑みを浮かべていますね。

常々不思議に思うことがあります。娘は、まだ2才くらいの時からキラキラ光るものやガラス玉などに興味を持って「わぁーキレイ」などと言っていました。この調子ではそのうちに本物が欲しくなるのは間違いないことだと思いますが、不思議なのはこのことを誰が教えるのか、ということです。

私のうちは自慢ではありませんがお金も無いので、そう簡単に宝石を目にすることは出来ません。従って、親が教えたわけではなさそうです。するとこれはもって生まれたもの、ということになるわけで、生きるために有利なように遺伝子に組み込まれたものなのかも知れません。となると、女性がブランド物を欲しがるのは遺伝子がなせる業であり、そのたくらみに男たちがまきこまれ翻弄されている、という状況が見えてきますね。

これってどうかな?



2004/11/10

オフィスのお菓子販売器


オフィスのお菓子販売器

ブログは、指定のアドレスへ携帯から写真を添付してメールを送ると記事の投稿が出来るらしい。そんなわけで今やってみようとしてます。まず、携帯でタイプしはじめたのですが、あまりに時間がかかるため文章が浮かびません。そんなことで写真をPCに一度送って、PCから送ろうとしています。でも、写真の縦横はどのように判断しているのでしょうか?もしかしたらこの投稿ではおかしくなるかも知れませんね。

どうでも良い前置きが長くなってしまいましたが、本題に入りたいと思います。写真はうちの会社にいつのまにか置いてあるお菓子販売器です。しくみはいたって簡単で欲しい人が100円を入れて、自分で引き出しをあけて持って行くスタイルで、いわばお菓子の無人販売です。

私も遅くなった時など利用したりします。時々、集金と補充に供給元があらわれて作業して行きます。「無人販売でちゃんと回収できるの?」と心配になりますが、基本的には金額が合わなくてもつべこべ言わないようなのです。例えばお菓子を20ケ入れて、仮にそれが全て完売した状態で2 000円の売上です。仕入はかなり安いと思うのですが、仮に100円が仕入とすると1 000円の収益です。まあ、それが100円から300円程度違ってもそれを追及するコストの方がかかる、という事かも知れません。あまりにルーズな会社からは引き上げてしまえば事は足りるし、中には総務課とかが福利厚生の一環で保証してくれるところもあるでしょう。

根本的に、このシステムは良いアイデアだと思います。ルーズな顧客は自然に消えてゆく、ある程度しっかりしたところだけがお客さんになって行く、ということは損失率は一定の線からあまり変化しなくなるのではないでしょうか。そして、何よりも一番素晴らしいのは、このシステムでお菓子の購入層が増えたことにある、と思います。

私はお菓子などここ10年程自分のために買ったことはありませんから、新規顧客の開拓にはかなりの効果があるはずです。考案された方は偉大なり。



2004/11/07

音楽のある生活(2) やっぱだめでした


音楽のある生活(2) やっぱだめでした

"恥ずかしながら http://www.poos.net/tawagoto/live_20041031.wax ライブをやってきました。人前で演奏して緊張する、という感覚は本当に久しぶりのもので心臓ドキドキ、冷や汗たらたら、という感じでしたが、まあ総合的には楽しかったイベントでした。1年に一度くらいはこんなことがあってもよいのかな、とは思います。

出来のほうはあんまり良く無かったです。やはり練習不足は否めない..人様の前で演奏するのであれば、きちんと練習しないといけませんね。

さて、順番が逆になった感じですが、このイベントの主旨は、高校生の保護者会が開催しているもので、たぶん、地域と疎遠になりがちな高校生を、自分たちも発表できるライブという形をとり、地域の大人たちとの交流も深めながらなんとかして行こう(何をなんとか?実はあまりよく理解してません)というもののようです。思うのですが、こういった試みは地方のほうがけっこうさかんですね。わずらわしいこともあるでしょうが、イキイキしているように思えました。

いつかリタイアしたら田舎に戻ろう。それで好きなことをのんびりとやる生活が良いかな。みんな同じようなことを考えているのでしょうか。



2004/10/26

音楽のある生活


音楽のある生活

この写真はギターなんですが、実は高校~大学のあたりまで遊びでバンドをやってたりしてました。ま、よくある自分たちが楽しければ良いというへっぽこバンドだったのですが。

最近、その頃の仲間たちから、かなり唐突に「バンドをやろう」というような話が持ち上がり、にわかに練習したりしてます。が、時間もないし、指はすぐ痛くなるし、根気は無いし、というナイナイずくしで一体どうなってしまうのか!?というような感じです。

とにかく本番までに一度は合わせよう、ということで練習をしてきたのですが、ほとんど時間が無い状態だったので(言い訳ですが)私のパートは散々でした。G県で練習を行ったのですが向かう車の中で聞くくらいではだめなわけです。ましてギターもどこかにうっちゃってあって出かける直前に引っ張り出した状態ですから。

そんなことでかなり信用を無くしてしまったので名誉挽回しようと、今ひそかに特訓中です。状況はやはり時間が無くてなかなか思うように行きませんが、仕事ばかりではなくてこんなイベントがあっても良いのかな、と思ったりしてます。割と楽しかったりします。
ライブは10/30に行われます。このページで報告出来るようにがんばります。



2004/10/11

猫がいる生活


猫がいる生活

 すっかり大人っぽくなった最近のモモです。人が歩く邪魔な場所で寝転がってくつろいでいます。ちょっかいを出すと体を伸ばしながら反応しているところです。他者との関連をどのように理解しているかは良くわかりませんが、モモなりに役割分担を人間に求めているようです。

カミさんに対しては「癒し」を求めているようで、夜中にゴロゴロいいながら添い寝を求めたりします。子供にたいして求めているのは「友人」でしょうか。過去ログ01に出ているような決して怪我はしない”戦い”を挑んでいます。

一方私に対してどのような役割を求めているかというと、カミさんが言うには「援交親父」だそうです。食事時になるとひざに乗って「ミャァオ」と催促している姿はまさにそのものだということで、「甘えれば何かしてくれる親父」との評ですが、私は納得しているわけではありません。

が、しかし、呼んでも来ない。来るのは確かに食事時と自分が遊んでほしいときだけ。こちらがしかけると逃げて行ったりする。その姿から推測される私の役割分担は「援交親父」か。



2004/09/26

自転車の練習 相模原ふれあい科学館にて


自転車の練習 相模原ふれあい科学館にて

ちょうど雨もあがったので4歳になる末娘の自転車練習を、 例によってお金のかからない近くの公園でやってみました。

私たちの時代の練習方法は二人組で後ろの人が荷台を押さえながら、何度か転んで、バランスをとることを覚えた頃にいつのまにか一人で乗れるようになっている、という感じでしたね。まあ、何度か転びますから、不幸なケースでは骨折したり、捻挫したりという場合もあったのではないかと思います。

最近の練習方法はその点は非常に改善されてます。こういう情報はうちのカミさんにまかせておくとどこからか仕入れてきます。まず、補助輪を外します。これはいつの時代も一緒ですね。次にペダルも外してしまいます。

ここがミソです。

そして、介助約はサポートせずに両足を地面につけた状態で蹴らせます。ペダルがあると地面を蹴るときに邪魔でうまく蹴ることが出来ないのです。すると、ちょうど写真のような状態で蹴った力だけで前に進ませます。この感じで何メートルかころがせているうちに次第にバランス感覚を覚えてしまう、という寸法です。もう良いだろう、ということになったらペダルをつけてこぐ練習をすれば出来上がり。

この方法であれば両足がつく状態で、自分の力で蹴った距離しか走らないので転んで怪我をする、という心配はまずありません。

それにしても合理的な練習方法ですよね。うちの娘は4歳ですが1時間ほどで5秒程度は転がせるようになりました。もう少しやっていればこげる所まで行けたかも知れません。皆さんもぜひ試してみてください。



2004/08/17

少年の心は取り戻せない? 思い出かな...


少年の心は取り戻せない? 思い出かな...

小さいころ私はクワガタムシが大好きでした。夏には暇があると山に入っていって捕まえに出かけておりました。友達と行くこともありましたが、成果配分でもめることもあり、基本は単独行動です。さらに、自分だけのコースも決まっており、秘密のポイントはなるべく人に教えないという、まるでいっぱしのハンターのように振舞っておりました。

クワガタハンティングは、通常は、せいぜい距離にして3~4Km、ポイントとして3箇所くらい回ると虫かごにある程度の成果があり満足して帰途につきますが、ライバルが先に回ってしまった後などまったくダメな時があります。そうすると遠征や新しいポイント探しに出かけて行きます。

ある時、どんどん山奥へ入って行くとすばらしいポイントがあったのです。基本的にクヌギの林でほとんどの木が樹液を流しています。喜びいさんで虫取りに興じた後、ふと周りを眺めると、林の中に大きな鳥居がありました。恐怖で凍り付いてしばらく動けなかったことを覚えております。小学校の低学年のころの話なので記憶もあやふやですが、帰ってからその話を親や大人にすると「鳥居のところまで行ったのか?そんな遠くまで一人で!危ない奴だな」と言われたような気がします。

そのような思いをして捕らえたクワガタ達は大きな缶に入れて、時々眺めては友達に自慢したりしていましたが、そんな管理状態ではすぐに死んでしまいます。今となってみると虫たちには、かわいそうなことをしたとも思いますし、クワガタのどこにそれほどの魅力があったか皆目見当もつきません。写真のクワガタは今年のお盆に生家に行った時におふくろが捕まえたものです。そこで少年の心を思い出そうとしげしげと観察してみましたが、やはり思い出すことは出来ませんでした。



2004/08/07

猫はセミを食べるか? 先祖に蝉採りの翁がいたらしい


猫はセミを食べるか? 先祖に蝉採りの翁がいたらしい

驚いたことにこのページを時々見ている人がいるらしく、少し励みになったので更新しています。ある人から「そんなに間単にセミは捕まえられない」とのご意見をいただきましたので、ここに捕まえたところの写真を掲載します。

ここは例の相模川ふれあい科学館という場所ですが、この日も3匹も捕まえてしまいました。自分でもほんの短時間に3匹もつかまえたものですから、これは、もしかすると才能があるのかも知れない、と思ったり、先祖にセミ取りの名人がいるのかも知れない、などと馬鹿なことを考えてしまいました。しかし、こんなことで才能を使ってもしょうがないのですが。

この日はモモも連れて行ったので、セミを食べるかどうか試してみたくて、モモに与えてみました。すると、1匹目は情けないことにびびって逃がしてしまいました。逃がしてしまってからさかんにあたりをウロウロして探している様子です。そして2匹目。さすがに猫です。バタバタと逃げようとするセミをがっちりホールドして「ウニャゴゥグロゥ」というような声を発して獲物を捕まえた気分にひたっているようでした。ですが、結果的にはやはり逃がしてしまって食べるかどうかは分からなかったのです。

この一部始終を見ていたうちのカミさんは、異論があるらしく、「そんなことをしたらかわいそうだ」というニュアンスの意見を持ったようで、3匹目を与えることは出来ませんでした。彼女曰く、「モモが自分で捕まえたものなら仕方ないが、そんなかわいそうなことをするべきではない」とのことです。

そんなわけで猫がセミを食べるかどうかは、未だに判明しておりません。



2004/07/11

このところ 相模川ふれあい科学館にて


このところ 相模川ふれあい科学館にて

最近特に暑いですね~、たぶん今は梅雨の真っ最中のはずなんですけど、連日の猛暑で少々体もばて気味です。そんなわけで相模原市田名の相模川ふれあい科学館というところに、癒されに出かけてみました。写真はその時のスナップです。

ここは家から車で20分程度のところにあるので、ちょくちょく出かけてます。ここの施設は一番の売りは、本来は水族館にあります。中を見学してみるとそれなりに楽しむことが出来ますが、なにせお金がかかるので、あまり中は見学しません。(笑)なぜ、遊びに行くかといえば、施設の周りに小川みたいなものが流れていたりで、要するに水の遊び場があるので、一番下のちびを遊ばせるにはもってこいの場所だからです。まあ、危険では無いですし、お金はかからないし、良いのではないでしょうか。それでけっこう日陰も多くて昼寝をするには絶好の場所です。

昨年はこの場所でセミを3~4匹つかまえました。素手でつかまえたのでカミさんもびっくりしてましたが、あれって以外と簡単につかまえることが出来ます。少なくとも経験上はトンボよりずっと簡単です。ただ、おしっこはかけられると思いますが。

そういえば昔家にいた猫はセミとかつかまえて食べていたような気がするなぁ。モモも食べるのだろうか。トンボはお腹の部分だけ食べて頭は食べてなかったと思うけど、どうだったろうか。



2004/04/26

野生のモモ モモと公園散歩


野生のモモ モモと公園散歩

近所の公園での1コマです。野性味たっぷりでしょ?外に出して遊んでやるとしばらく興奮状態が続いて大変です。

猫は独立精神旺盛なので一緒に暮らすのはオーバーな話では無く、勉強になることがあります。ある時は媚びを売り、ある時は鼻にもかけない。この姿勢は会社を運営する上で非常に参考になります。あ、いやお得意先の要望に鼻にもかけない、という意味ではなく、独立独歩でやって行くことの重要性のようなものを感じる、という意味です。ちょっと言い訳がましいか。。

モモが寝ているところに電気をつけたりすると、いかにも「まぶしいんだよ、バカヤロウ」といった表情で非常に迷惑そうです。また、自分で開けられないドアの前で「ニャオウ」。これは「開けろ」という意味です。そんな態度をとりつづけるかと思えば、うってかわってお腹が減ると猫なで声ですりよってきます。

よくもまあ、人間に依存しなければならない状況で、そんな態度で生きてるものですよね。しかし、憎めない。かわいい。猫の魅力でしょうかね。



2004/02/22

久しぶりの更新 仲良しのふたり


久しぶりの更新 仲良しのふたり

こちらで動画が見れます。 http://www.poos.net/tawagoto/nanamomo.htm

まあ、なんと言うかこのページを更新するくらいだったらお客さんのページをやらなければなあ...という感じなのでなかなか更新できません。簡単に文字だけでもいいんだろうけど、文才もないし、ということで後ろ倒しになっております。楽しみにしている人もそういないとは思いますが、面白い映像があるので公開します。

 PLAYをクリックして見てください。この映像はうちの末娘とモモちゃんです。こんな風に普段から良く遊んでます。遊んでいると言っても、遊んでいるのは娘の方でモモちゃんの方はイライラして怒っている、という感じですが。あの尻尾の振り方は普通じゃないでしょ。それでも怪我をするまでに至らないのですから、お互い一つ屋根の下に暮らしている仲間なんだ、という程度の認識はあるのでしょうね。
 こんな友達のような関係でいつまで一緒にいられるのでしょうか。

 P.S それにしてもこんなに散らかってる部屋も公開してしまっていいんだろうか。